2021.05.08

【WordPress】ブログを運営していく上で絶対に決めておいたほうが良いルールについて

スポンサーリンク

ブログを運営していく上で絶対に決めておくべきルール

ブログを運営していると気分転換にテーマを変えたり、テーマを自作したりすることがあると思います。
そこで、記事内のタグを適当にしていると痛い目見ます。マジです。
記事数が膨大になる前に以下のことを整理しておく必要があります。

✔️記事の書き方

✔️タグの理解

これらを疎かにすると「テーマ変更したら見出しデザインがバグったり、 SEO等にも影響が出る可能性等もあるので、早いうちに見直しましょう。

記事の書き方

段落と改行の違いを分からず適当に記事を書いている人はいないとは思いますが、もしいたらここで理解しておきましょう。

・段落とは
長い文章をひとまとまりにしたものです。
タグで表すと<p></p>で囲ったひとまとまりになります。

<p>
今日はコメダ珈琲で勉強しました。
<p>

 

・改行とは
前の行から次の行へ移動すること。行を新しくすること。
タグで表すと行末に</ br>を付与します。

<p>
今日は</ br>
コメダ珈琲で</ br>
勉強しました。
<p>

タグの理解

タグの使用方法を間違えているとSEO的に損する可能性があります。
こういう過ちはSEO的にダイレクトなダメージには感じませんが、ボディーブローのようにじわじわ効いてくるので、怠らないように最低限整えていきましょう!

SEOの観点から見ればタグは正しく使うにこしたことはない

記事の見出しにはhタグ(h1,h2...)を使います。

Googleの検索エンジンに伝えたい項目をで囲むわけですが、適当にhタグを使うのはよろしくないです。

ではどういう振り分けをするか

h1から始まり数字が大きくなるにつれて重要度は下がっていきます。

h1・・・記事のタイトル
h2・・・記事内での大きな区切りとなるセクションのタイトル
h3・・・h2に付随する内容

h3以降はほとんど使うことはないんじゃないかな。使ってるブログは今のところ見たことないです。

文字の太さを変更する際どうしてますか?

ブログを書くときほとんどの方はクラシックエディタを使用していると思いますが、Bのボタンを押して太字にしている方は多いと思います。デフォルトだとstrongでかこまれていると思います。

これ、SEO的に悪いという記事もあれば、strongタグは使っていくべきだという記事もあり、なかなか情報が錯綜しています。

SEO対策って明確な答えがないので難しいところなのですが、strongタグを使うか、CSSで装飾するかは別にどっちでもいいんじゃないかなーと思いつつも、僕はCSSで装飾するようにしています。

何故そうしているのかというと太さ以外にも装飾したいと思った時、柔軟に変更できるためです。

「だったらstrongに直接装飾すればいいじゃん」って思われるかもですが、ちゃんと専用のクラスは用意したほうがなにかと都合がいいのではないかなと思ってます。今後なにがあるかわかりませんのでね。

やり方は別記事にて投稿しています。わからない方はこちらを参照してね!

 

総括

こういう初歩的な構成は最初のうちに整えておかないと過去の記事を全て改修していかなければならないという地獄を見るはめになるので、タグがとっ散らかってしまっている方は早めに直しておくといいと思いますよ。

By現在進行形で地獄を見ている投稿者より