2022.04.23

125cc以上のバイクでUberEatsを始める方法

 

スポンサーリンク

始めるにあたってやることは大まかに4つ


①緑ナンバーの取得(一番最初にやるとスムーズ)※125cc以下の排気量はやらなくて良し

②任意保険を事業用に切り替える※125cc以下の排気量はやらなくて良し

③配達バッグの準備

④UberEatsに書類を提出(承認まで2〜3日)


自転車の場合はバイクと違って、面倒な手続きや書類の準備がないので1〜2日ですぐ始められるので良いですよね。。

125cc以上のバイクでUberEatsを行う場合は、ちょっとした手続きが必要になります。

俺の場合は都内ツーリングがてら好きなバイクに乗って、UberEatsで副産物として稼いでいるので面倒な手続きをしてでもそういうことをしたい方は参考になると思います。

 

緑ナンバーの取得


緑ナンバーを取得するには、運輸支局にて手続きを行います。

手続きといっても半日程度で終わるような簡単な手続きなのでそこまで気負う必要はありません

持っていくものは3点
・車検証
・認印(印鑑)
・ナンバーを外すための工具

関東住みで手続きを行う場合は、東京運輸支局にて手続きを行った後、自分の住所の最寄りにある運輸支局にてナンバーを発行してもらいます。

東京運輸支局→最寄の運輸支局の流れになるので自分の住所が東京運輸支局から遠いと面倒っちゃ面倒。

支局がナンバーを外す工具を貸し出ししている場合もあるが、なかった場合どうすることもできないので、一応スパナやレンチなどの工具は持っていった方が吉。

車載工具も一応サイズが合うか確認してから支局に行くようにすると尚安心。

 

注意点:自賠責シールを捨ててはいけない


ナンバーを外して緑ナンバーに変える際、自賠責シールを剥がすんですが、剥がしたシールは絶対に捨てないでください。
UberEatsパートナー登録の際、ナンバーの写真を提出するのですが、このシールが貼られていないと審査が通りません
俺も捨てかけたんですが、幸運にもポケットに突っ込んでいたので助かりました。


↓↓こいつは捨てちゃダメ!↓↓


 

任意保険の契約


バイクの任意保険は通勤レジャー事業など様々なコースがあります。
UberEatsは事業にあたるので事業用の任意保険を選択する必要があります。

で、ここから注意点なんですが、UberEatsのために任意保険に入ろうとすると大抵の保険会社に拒否られます。何故かは知りませんが。

アクサダイレクト三井ダイレクト損保など大手に片っ端から電話で確認しましたが軒並み断られました。

いろいろ調べた結果、にりんかん(バイク用品チェーン店)で保険契約するのが手っ取り早いです。
にりんかんでは東京海上日動の保険を扱っているのでそこに加入する形になります。

全国にチェーン展開しているので予約なしで気軽に契約しに行けます。

保険の内容としては3パターンありますが詳細は にりんかん公式HP をご確認お願いします。

車検証(一応印鑑も)は忘れず持参しときましょう!


配達用のバッグについて


配達用バッグは自腹で買う必要があります。

公式のUberEatsバッグ(通称:ウバッグ)は4000円で買えます。
情弱な俺はAmazonで買ってしまい、割高な7000円で買ってしまいました^^;

3000円クラスの安価な配達用バッグもありますが、なんだかんだで丈夫な公式ウバッグでいいんじゃないかと。

ちなみに正規の値段で購入できるのはこちらのサイトです。https://jp.eatskit.com/ja/collections/bags

上記サイトで買えない場合はAmazonで。


UberEatsに必要書類を提出

必要な書類は7項目とかなり多いです。。

①運転免許証
②キャッシュカード
③プロフィール写真
④自動車保険または自動車共済保険
⑤自賠責保険証明書
⑥ナンバープレートの写真
⑦車検証

①、②、③、⑦の項目に関してはすぐに承認が下りるはずです。

④の自動車保険とは任意保険の証明書になります。
⑥のナンバー写真は緑ナンバーを撮って送ってください。

少しでもぼやけたり見切れたりすると否認されるので注意。

これで全て承認が下りればあとは振り込み先と交通テストを受けるだけ!!

 

振り込み先設定


振込先の登録で注意点が2点ほど。
入力情報が間違っていると振り込まれない可能性があります。

①銀行に登録してある情報をUberに登録しよう


銀行に登録してある情報(住所・電話番号)と今の情報で違う場合があると思います。
こういう場合は銀行に登録してある情報をとりあえず入力しましょう。

銀行に登録してある情報が古い場合は、時間のある時に更新しておいた方がいいかも。

②住所の書き方


住所を日本仕様で書くとあかんらしいです。

欧米とかは日本とは逆側で書いていくとのこと。


日本 → 豊島区西池袋1-1-1 ウーバーマンション303
海外 → #303 U-ba-mansyon, 1-1-1 Nishiikebukuro, Toshima-ku

住所を海外仕様に自動変換してくれるサイト kimini.jp

Uberに登録する際、マンション名[/ul]・[ul]都道府県は省略してOK。

 

交通テスト

簡単な交通テストをアプリ上から受けます。

7問くらいありますが、常識問題なので普通の人なら問題なくパスできるでしょう。

そこから正式に登録されるまで2〜3日を要します。

その間に必要なアイテムを準備しておくと登録完了後、すぐにUberデビューできます!!

まとめ

125cc以上のバイクでUberEatsを始めるのはハードルが高そうと感じる方もいるとは思いますが、実際クソ面倒くさいです。

ただ、好きなバイクに乗って都内探索しながらお金も稼げるという夢のような錬金術。

まさに一石二鳥のライフハックと言えよう。

バイク趣味の方はこれを機にUberEatsデビューしてみてはいかが。