【git】よく使うコマンドまとめ【備忘録】

 

 

毎回忘れたりするので、備忘録としてアウトプット。完全に自分用

gitに関する事柄を順次アウトプットしてこの記事を通して知見を深めていけたらと思います。

 

リモートURLを変更する

作業がひと段落し終わり、さてまた新しくなんか作るかと思ってgitにpushしたところ、「リポジトリがないよ」と怒られました。(初歩的すぎるが

ログ確認すると、URLが以前使っていたもののままでした。

リモートリポジトリの一覧表示

$ git remote -v

 

リモートリポジトリの名前を変更

$ git remote set-url origin http://Github.com/ユーザ名/リポジトリ名.git

 

heroku紐づけ

$ git init    #リポジトリ作成(作業するフォルダで実行)
$ heroku git:remote -a herokuapp名

コードをリポジトリにコミットし、Gitを使用してHerokuにデプロイ

$ git add .
$ git commit -am "make it better"
$ git push heroku master

 

ブランチの作成、切り替え

ブランチを確認

$ git branch

 

ブランチ作成、作業ブランチ切り替え

$ git checkout -b "ブランチ名"     ⇐-bオプションをつけると作成と切替を同時に行える

 

作業しているブランチを変更

$ git checkout "ブランチ名"

 

 

作業中のブランチをなかったことにしたい場合

コミットしていないファイルがある場合はブランチ削除しただけでは元に戻せない。git statusで確認するとわかりますが、単純にブランチ削除してもファイルは残ったままなので、一度コミットしていない追加ファイルを退避させる必要あり。

色々試したけどやっぱり無かったことにしたい場合、以下手順でなかったことにできる。

作業ブランチから抜けて、削除

$ git checkout master            ⇐masterブランチに切り替え
$ git branch -D "ブランチ名"      ⇐ブランチ削除(-Dオプションは強制的に削除する)

 

コミットしていないファイルがある場合はブランチ削除しただけでは元に戻せない。

git statusで確認するとわかりますが、単純にブランチ削除しても追加、変更したファイルは残ったままなのでコミットしていない追加ファイルを退避させる必要あり、下記手順を実行。

退避したファイルを削除

$ git stash -u                  ⇐追加ファイルを退避
$ git stash drop                ⇐退避したファイルを削除

 

マージ等しない限りはこの手順でなかったことにすることが可能。

 

プルリクエストの発行

 

git clone URLでローカルにプロジェクトを落とす。

developブランチを切る

※開発の主軸になるブランチ。このブランチ上で作業はNG

$ git checkout -b develop
$ git push -u origin develop //リモートにもブランチを登録

featureブランチを作成(リモートにも作成、git push -u origin 作成したブランチ名)

※feature/~機能追加および修正作業を行うためのブランチのこと。

$ git checkout -b feature/ブランチ名
$ git push -u origin feature/ブランチ名  //リモートにもブランチを登録

ファイルの追加、修正等の作業

add,commit

$ git add -A

$ git commit -m "message"

featureにpushする

$ git push origin feature/ブランチ名

プルリク発行

プルリクエスト作成ボタンが表示されるので、そこから作成していく。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です